ステッカー貼ったらガソリン代が安くなる?

映画のステッカーを張ってガソリンが安くなる。
このとても画期的なキャンペーンを実施するのは、東映と業界最大手の宇佐美グループのコラボで生まれた異色プロモーション!
今回のキャンペーンは宇佐美グループの全国9都市9店舗のガソリンスタンドで実施されます。
どういった流れかというと、まず指定の店舗でガソリンを給油します。
そして来春公開となる映画「少年メリケンサック」のタイトルロゴ入りステッカーと会員カードを受け取ります。
次回給油に訪れた際に車に貼ってあるステッカーを店員が確認すれば、
店頭表示価格からレギュラー、ハイオク共1リットル当たり5円値引きする。という仕組み。

ただし、1店舗当たり先着100人で支払いは、現金のみとなる。

その代わり、期間中は何度でも割引価格で給油できるそうです。
夏休み期間は車を使った帰省や行楽地への移動が多いだけにドライバーにとっては朗報といえそうですね。

映画業界、石油業界でともに初の試みとなるこのキャンペーンは、
もともとテレビ雑誌の読者投稿がきっかけで東映が広告費としてガソリン代の一部を支払う形で前代未聞のキャンペーンが成立したらしいのです。

ステッカーを貼った車が走ることで

東映には映画宣伝となり

宇佐美グループは客足増加を望め、

ドライバーは低価格で給油できる。

三者が得をするという画期的なキャンペーンとして話題になること間違いなし!ですね

何にしてもガソリンが安くなるのはあり難いです!

0 件のコメント: