北島康介 レーザー・レーサー着用で200メートル平世界新

ジャパン・オープン2008(Japan Open 2008)最終日が8日に東京辰巳国際水泳場で行われ、
英水着メーカーのスピード(SPEEDO)社が開発した最新の競泳用水着「レーザー・レーサー(LZR Racer)」を着用した日本の北島康介選手が男子200メートル平泳ぎ決勝で世界記録を更新しみごと、優勝を果たしました!

2006年に米国のブレンダン・ハンセン選手が記録したタイムをなんと0.99秒も上回る

2分07秒51の世界記録をマーク!!

北島選手は

「泣きそうです。何よりもジュニアの時からこのプールで泳いできて、ここで世界記録を達成したかった。五輪では金メダルしか頭にありません。取れなかったら(日本に)帰ってこないです」

とコメントしています。

北島選手は既に「レーザー・レーサー」を着用して同大会において50、100メートル平泳ぎの日本記録も更新しています。

おめでとう!北島選手!!

*因みに日本水泳連盟(Japan Swimming Federation)はミズノ(Mizuno)、アシックス(Asics)、デサント(Descente)の3社と水着の提供契約を結んでいますが北京五輪での「レーザー・レーサー」の着用について10日に判断を下す模様です。

0 件のコメント: