ガンプラ“秘密工場”が一般公開 ホワイトベース型成型機に制服も

バンダイの工場「バンダイホビーセンター」(静岡市葵区長沼:06年3月に完成)が同市で開催中の国内最大級のプラモデルの見本市「静岡ホビーショー」に合わせ、初めて一般向けに開放された。
同センターはアニメ「機動戦士ガンダム」のモビルスーツのプラモデル「ガンプラ」を開発、製造する工場。
 
なんと外観は、原作でガンダムを開発したとされる「アナハイム・エレクトロニクス社」のマークがあしらわれている!ファンなら小躍りしてしまうに違いない(笑)

1階には、歴代ガンプラに加え、「マジンガーZ」のプラモ、「月光仮面」のフィギュアがなど懐かしのヒーローものなどが勢ぞろいしています。
2階で製造工程を紹介するパネル展示を見て、工場の全体を見学できるそうです。

注目すべきはガンプラの成型機!その姿は、ホワイトベースそっくりになってるそうです。
そしてなんと社員の制服は連邦やジオン軍の制服そのまま!
役職が階級章で現されており、ガンダムテイストでいっぱいとなっています。

ファンが泣いて喜びそうですね!!
因みに↓コチラの動画は以前のものです(笑)

06年5月から月1~2回、予約制で公開され、年間約600人の定員に約3万人が応募、競争率50倍の難関になっている人気ぶりなんだそうです。


『ジーク!ジオン!』

0 件のコメント: